2018/05/23 桜区でディレイラー交換に苦戦!?

こんにちは、さいたま市の自転車出張修理屋キーマートです。

今回は、桜区に住む男性からの電話で、「マウンテンバイクのディレイラーが壊れてしまったので交換してほしい。」との依頼です。

電話口にて詳しくお話を聞くと、どうも転んだ衝撃で内側に向かって変形してしまい、車輪に接触してしまっているそう。

ディレイラーの型番も見てくれていたようでしたが、あいにく当店には普段在庫をしていないタイプだったので、取り寄せになりました。

部品が届いて修理当日、お客様のお宅はGoogleマップにはまだ載っていない区画整備されたばかりの土地だったため、コンビニで待ち合わせて先導していただいての到着です。

(画像はイメージです)

見てみるとブリヂストンの車体で、ディレイラーハンガーのあるタイプでした。

ハンガーは幸い曲がっておらず、ディレイラーのみねじれるように変形していました。

本体を新しいものと交換するのはすぐに終わりましたが、調整に時間を食いました。

交換後、ワイヤーを張る前にチェーンを7速の位置に合わせて、ディレイラーの振れ幅を決めるストローク調整ネジを回して1速と7速の位置を決める。

決まったらワイヤーを張り、26速の入り具合を見ながらワイヤーの張り具合を少しずつ調整していくという作業です。

(画像はイメージです)

全部の工程で30分くらいで終わらせる予定でしたが、この最後の調整の段階に入ってから20分くらいかかってしまい、大幅にタイムロスしてしまいました。

実はこの日は熱が40.0℃あったタイミングで、医者に薬はもらっていましたが意識が朦朧としていたのかもしれませんw

今回の修理は、

ディレイラー1800円 + 交換工賃1800円 + 出張費350円 = 合計3950円で終了です。

4000円受け取っておつりを用意しようとしていたところに、

「おつりはいいや、これも取っておきな、コーヒー代ね!」

といって500円余計にいただいてしまいました。

さすがに悪いと思い、作業中にお客様のお子さんも変速の調子が悪いと言っていたので見てあげたのですが、全く異常はありませんでしたw

皆さん本当に温かい人たちばかりですね。

自営業になって、ようやくお客様のありがたさというものを痛感しています。

会社員時代はお客様が来ようが来まいが給料は変わらないので、客が増える=仕事が増えるという意識になってしまい、面倒が増えるという認識でした。

こうして独立してみると仕事がある、ということ自体がありがたいと感じるようになれました。

お客様への感謝を忘れず、少しでも社会に貢献できる仕事がしたいと考えています。

さいたま市の自転車出張修理は、キーマートをよろしくお願い致します。

キーマート出張修理サイト https://sites.google.com/site/keymartcycle/

椿 直之

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です