2018/04/02 領家のタフループ2台

こんにちは、さいたま市の自転車出張修理屋のキーマートです。

今回は領家からの依頼で、しばらく乗っていなかった2台の自転車が、今後もまだ乗れるかどうかの点検をしてほしい、

そして不要の自転車を2台引き取ってほしいとの依頼です。

(画像はイメージです)

いつものように電話口にて「点検だけで済めば出張費も含めて無料です。点検した中で、交換が必要な場所について見積もりを出しますので、それにもとづいてお客様もやるべきだと判断したものの修理をさせていただきます。」とご連絡。

到着してみると、2台とも空気が抜けていましたが、しばらく空気を入れていなかっただけのようで、パンクの可能性は低いのでパンク調べはしない方針でいくことにしました。

そして片方は後ろのキャリアにカゴがついていましたが、「もう使わないので外してください」とのこと。

サビついて固まり、特殊な工具を使わなければならない場合は有料ですが、プラスドライバーを回せば外れるレベルであれば無料でできることも伝えました。

さらに、グリップも1台のうち片側だけがボロボロになっていたので、引き取りの自転車から拝借しました。

また、点検に入る前に、見ただけでわかる範囲で、両方ともチェーンの調整が必要なこと、片方はブレーキシューの交換が必要なことを伝えてから、点検に着手しました。

 

実際点検に着手して各部を触ってみると、片方は後輪がスポーク折れで車輪に歪みがあるのを発見!

「スポークが2本折れていて、修理には~円かかります。しかし車輪の内側から折れているもので、これを直しても、まだ折れていない他のスポークも今後折れる可能性があります。」と伝えると、

「引き取りの自転車の車輪って・・・使えませんか?」とお客様。

なるほど!

廃車は回収するだけなのでまったく見もしていませんでしたが、言われてみれば車輪ごと交換してしまえば早いし楽。

見てみるとタイヤの仕様やブレーキの種類も互換性があるものだったので交換可能でした。

しかもタイヤも、サイズは少し細いものを履いていましたが、廃車にするタイヤのほうが山が残っていて長持ちしそうな状態でした。

2台分の後輪交換工賃がかかりますが、それでもスポークを張り直すよりは安く仕上がるし、こちらも作業が楽になるので助かりました。

今回の修理は

グリップ交換工賃(片方)350円 + ブレーキシュー600円 + 交換工賃 350円 + チェーン調整550円 + 後輪交換2000円 × 2 + 出張費350

= 6200円 にて終了しました。

お客様のナイスな機転に助けられ、結果的に自分も楽に、お客様も安く仕上げられ、大変喜ばれる結果となりました。

自分の状況把握能力もまだまだですので、作業に関することもお客様からどんどん助言をいただいて、日々精進していきます!

椿 直之

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です