2018/04/20 北浦和の子乗せ自転車

こんにちは、さいたま市の自転車出張修理屋キーマートです。

今回は北浦和に住むママさんから電話で、「乗っているとフラフラする気がするので見てほしい」との依頼です。

(画像はイメージです)

「何が原因なのかを見極めるために、点検を無料で行います。その上で原因となっている修理箇所を直すのにいくらかかるのかをお見積もりします。」と伝えてから出動。

到着してみると、ブリヂストンのハイディーのような見た目で、太いタイヤを履いた子乗せ自転車でした。

「ブレーキレバーが曲がったりしていますけど、倒れることが多いですか?」と尋ねるとそのようで、転倒による部品の位置ズレや歪みが起こっているかもという旨を伝えてから点検に取り掛かりました。

(画像はイメージです)

その日は雨で、雨をしのいで作業ができる場所がなかったので、カッパ装備にての作業です。

まずフラフラするかどうかを確かめるために乗って見ました。

乗ると、平地ではあまり感じられませんでしたが、緩やかな下り坂で漕がずに走っていると、一定の間隔でクラッ、クラッとハンドルを取られるような感じが。

そして点検を進めると、前輪に歪みを発見しました。

スポーク折れなどは見受けられないので、これもおそらく転倒時の衝撃によるものでしょう。

そこそこ長い期間使っているようで、前輪タイヤにも劣化が見られ、数カ所ヒビ割れもありました。

他の部分は、致命的な不具合のありそうな場所はなく、チェーンが伸びてたるんでいるくらいでした。

ハンドルのふらつきについては、前輪に問題があることには間違いなかったのですが、この特別太いタイヤは当店に在庫がないものでした。

「ふらつきの原因になっているのは前輪です。ホイールの歪みと、タイヤの劣化で複合的な要因によるものです。ホイールの歪みは今直せますが、タイヤは取り寄せになってしまいます。」

と伝えると、

「実は、もうすぐ引っ越してしまうんです。取り寄せになってしまうと、待っていられないんです。」とお客様。

「なるほど、タイヤも劣化はしていますが、パンクする程ではないので急いで交換する必要はありません。引越先で落ち着いたら交換でいいと思います。ただ、ホイールの歪みを取る作業だけではハンドルのフラつきは完璧には直らないかもしれません。」

と伝えると、それでもやって欲しいとのこと。

車輪のフレ取りと、チェーン調整を済ませると、

「こっちの自転車も見て欲しいんです。」

と言ってお子さんの自転車を引いて来られました。

キッズ用の自転車、ブリヂストンのシュラインです。

こちらは点検のみで終了しました。

全体のボルトナットの増し締めと、前後虫ゴム交換、チェーンの注油のみです。

今回の修理は、

全体点検無料 + 車輪のフレ取り550円 + チェーン調整550円 + 出張費350円 = 1450円で終了です。

フレを取った後に乗って確認しましたが、ハンドルのふらつきは改善されたものの、若干フラフラ感が残る感じでした。

どこか致命的な部品が傷んでいて起こる現象ではないので、そこまで心配はないものであることは伝えました。

うちで最後まで面倒を見きれなかったのが残念でしたが、在庫の無かったタイヤのサイズで、その週に引っ越してしまうなど不運が重なったので仕方ありません。

こんなこともありますが、できるかぎりの修理は責任を持ってやらせていただきます!

さいたま市の自転車出張修理はキーマートをお願い致します!

椿 直之

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です