2018/04/14 常盤の子乗せ自転車

こんにちは、さいたま市の自転車出張修理屋キーマートです。

今回は、浦和区常盤に住むママからの電話で、タイヤ交換の依頼です。

(画像はイメージです)

後ろに子乗せ同乗器を付けているようで、摩耗が激しいとのこと。

「タイヤ交換をする場合ですと、ほとんどの場合中のチューブも交換した方が良いので、タイヤチューブ交換で〜円になります。」

とあらかじめお伝えしました。

当店で標準的にご用意しているタイヤはパナレーサーのタイヤで、通常の自転車に最初から装備されているタイヤより厚く、摩耗に強いものになっています。

到着し、作業に取りかかろうとするとお客様は、

「すぐ戻りますけど、ちょっと銀行に出かけて来ます。」と言い、自転車を置いてお子様を抱っこ紐で抱えて行かれました。

(画像はイメージです)

タイヤチューブ交換を早々に終わらせ、ついでに点検をして曲がっていたブレーキレバー等を直しているとお客様が戻られました。

「もうすぐ終わるところです。ついでに点検もしてたんですが、ブレーキレバーもかなり内側に曲がっていましたよ。」

「それも直してもらえたんですか!?この団地、風の通りが良すぎて、よく倒れるんです・・・。」

「風で倒れただけでも、自転車ってどこかしら不調が出るんですよね。」

そうなんです。

建物の作りや土地柄で風が強いところってあるもので、風の強かった次の日は修理依頼が多いものです。

ですが決まってたいした修理にはならず、チェーンケースが少し曲がっていて音が鳴っていたり、ブレーキアーチが曲がってシューがタイヤに接触していたりで、無料で済んでしまう案件ばかりです。

ただそれを放っておくことでチェーンやブレーキシューを傷めることになったり、今回のお客様のようにブレーキレバーが使いづらい位置に移動してしまうようなことになります。

どんな些細なことでも、風で倒れた後に気になったら自転車屋に見てもらうことをオススメします。

たいていは大掛かりな作業になることもなく、無料で済んでしまうことがほとんどですのでお気軽にご相談ください。

もちろん今回の点検もついでにやったことなので無料です。

今回の修理は、

タイヤ代1500円 + チューブ代850円 + 交換工賃2000円 + 出張費350円 = 4700円 にて終了です。

お客様は「子供がいると、自転車屋さんに修理に持っていくのも大変で。出張してくれるととても助かります。頼んでないところまで見てもらえたらなおさらです。」

とお声をかけてくれ、出張修理屋冥利につきやってて良かった、と感じました。

言われたところだけを直すのが自転車屋ではないと思っています。

安全に気持ちよく自転車に乗れるよう、当店ではさまざまなアドバイスをさせていただきます。

さいたま市の自転車出張修理は、ぜひキーマートをお願いします!

椿 直之

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です