自転車の26インチと27インチ

こんにちは、自転車整備士の椿直之です。

今回は、一般的なママチャリの26インチと27インチの比較や、選び方をご紹介します。

この26インチとか27インチというのは、タイヤのサイズを示しています。

同じ車種でタイヤのサイズが大きいということは、当然27インチの方が車体サイズも大きくなるわけで、1インチぶん跨ぐ部分も高くなるわけです。

サドルを一番下げた状態もそのぶん高くなるわけなので、身長が低いと足が届かないし、跨げない。

そういった意味で良く知られている選び方は、

「背の高い人は27、背の低い人は26。」

簡単にいえばこういうことなんですが、それでは背の高い方の人は、かならずしも27インチを選ぶべきなのでしょうか。

メーカーカタログなどで適正身長を調べてみると、

26インチは140cm前後~、27インチは150cm前後~のような表記になっています。

たしかに175cmの人が26に乗るのは小さいとは思いますが、ここでお話したいのは150cmの人はどちらを選ぶべきか、ということです。

サドルにまたがって、地面に足が着く限りはできるだけサイズの大きいものを選んだ方が良い、という見方をする人がいますが、個人的にはその見方はあまりオススメできません。

選び方として適切だと考えているのは、用途に合わせてどちらかを決める、というものです。

26インチは、タイヤが小さいので一度の漕ぎで進む距離が少ないですが、そのぶんこぐのが軽くなります。

そのため、街中でストップアンドゴーを繰り返しながら走る使い方であれば、多少背が高くても26インチの方が使いやすいということです。

27インチは、タイヤが大きいので漕ぐのが重くなりますが、同じ距離を進むなら少ない漕ぎで進むことができます。

サイクリングロードのような道で通勤通学し、信号で止まらずに長い距離を走れる人に向いているでしょう。

ちなみに一度の漕ぎで進む距離は、例えばこのような例があります。

これは一例であり、ギアクランクとスプロケットのギアの歯数で決まる「ギア比」というものでも変動しますので、あくまで参考までにしてください。

それぞれのタイヤサイズでのメリット、デメリットを理解し、お客様がどちらにするか悩まれていた際にしっかりご案内できるといいですね。

Facabookアカウント https://www.facebook.com/cycleshop.keymart

自転車整備士勉強会コミュニティ https://www.facebook.com/groups/2718879658440393

キーマート・椿直之のホームページ https://sites.google.com/site/keymartcycle/

キーマート・椿直之のブログ https://cycle-keymart.com/

椿 直之

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。