実は微妙な差!?オートライトと常時点灯ライト

お久しぶりです。自転車整備士の椿です。
しばらく他のビジネスの準備、勉強に浮気しておりました。

今回は、お客様からよく聞かれる質問について解説していこうと思います。
売場で自転車を選ばれているお客様から、コレとコレ、何が違うの?

という質問はよくされるかと思います。
その中でもなかなか多いのが、オートライトと常時点灯ライトの違いです。
その違いと、それぞれのメリットデメリットについて見ていきましょう。

まずオートライトですが、これは一昔前から登場したライトのタイプです。
昔は自転車のライトといえば、スイッチを入れるとタイヤに発電機が擦り付けられ、摩擦によって発電するブロックダイナモランプばかりでした。
ブロックダイナモだと、摩擦での発電なのでどうしてもスイッチを入れると漕ぐのが重くなってしまうのがネックでした。
重くなること自体もデメリットですが、重くなるのが嫌で、ライトを点けなくなり、夜でも無灯火で走ってしまう人が増えることも懸念されていました。
その懸念を解決するために考案されたのがオートライトです。
オートライトは明るさセンサーを搭載しており、あたりが暗くなったことを感知して自動的にスイッチがオンになるライトです。
発電の機構も摩擦ではなく、車輪の軸の中での回転磁力によるコイル発電なので、漕ぎが重くなることはありません。
自動的に点灯するうえ、重くもならないので故意の無灯火、点け忘れも防止できる画期的なシステムです。
現在もその安全さゆえ、一定の価格以上の自転車には搭載されていることが多いです。


そして常時点灯ライトは、明るさセンサーの部分だけを取り除いたオートライトです。

明るくても、暗くても常に点いているので正確にはオートではないですね。
それではメリットデメリットについて見ていきましょう。
オートライトのメリットは、自分では全く操作をする必要はなく、明るいうちは無点灯、暗くなったら点灯してくれるという優れものです。
部活や塾で帰りが遅い学生さんを持つ親御さんは、面倒くさがってライトをつけたがらないお子様への自転車としてオートライト付きのものを選ぶと良いでしょう。
また、オートと常時ONの切り替えスイッチがあり、常時点灯にすることも可能です。


昼間でも、雨の日などは相手への視認性を高めるためにライトを点けた方がいいケースもありますので、常時ONスイッチの存在はありがたいです。
デメリットはほぼありませんが、常時点灯ライトに比べると少し値段が高い程度でしょう。
常時点灯ライトのメリットは、切り替えスイッチの省略によってそのコストが削減され、自転車の値段が抑えられることです。
とは言ってもオートライトとの差は車体価格で1,000円ほどの差ですので、そこまで気になる金額差ではないと思います。
また上記のようなオートライトの、常時ON切り替えスイッチは利用者にあまり認知されていない機能であることから、日中でも安全のために常時ライトを点けておきたい方には好まれます。
デメリットは、晴れた明るい日でもライトが点いているので、すれ違いざまに「ライトついてますよ」と言われることがある程度でしょうか。
何らかの理由で消灯したくても消灯できません。
車輪から繋がっているライトのコードをソケットから抜いてしまえば擬似的には可能ですが、後でつけ忘れてそこに水滴などが入るとサビて機能しなくなるのでオススメはできません。
また、オートライトと常時点灯ライトの両者に共通してあるデメリットとしては、もともとオートライトがついていない自転車に後付けで搭載することが難しい点です。
両者とも、車輪の回転で発電する機構のため、車輪とライトはセットです。
「今の自転車を後からオートライト仕様にしたい!」と思っても、ライトだけ替えても機能させることができず、車輪も一緒に交換しなければなりません。
一般的な相場としては、ライトの価格が3500〜4000円、車輪が10,000円程度でしょうか。
そこに、お店ごとに設定されている工賃もかかってきますので、総額で18,000〜20,000円程度になるかと思います。
そこまでの金額をかけるくらいなら、オートライト付きの新車を買ってしまった方が効率的ですね。
ちなみに常時点灯でずっと光らせていると、電球がより消耗してしまうのでは?と思われがちですが、その心配はほぼ無用です。
最近の常時点灯はLEDですので、白熱球のような電球の「タマ」がそもそもありません。


LEDの発光体の寿命は約4万時間ともいわれ、ずっとつけっぱなしだったとしても約5年ほどです。
5年間休まず走り続けることなんてありませんし、日常的に使うだけならどう考えても40,000時間走りきる前に、自転車の車体の方がイカれます。
LEDの寿命については常時点灯のデメリットにはなりません。

デメリットはほぼ考えなくても良さそうなレベルのものばかりです。
実用面、メンテナンス性、コスト面、安全性、どれをとってもメリットが多いオートライトと常時点灯ライト。
快適な自転車生活のためには、使わない選択肢はありませんね。

Facabookアカウント https://www.facebook.com/cycleshop.keymart

自転車整備士勉強会コミュニティ https://www.facebook.com/groups/2718879658440393

キーマート・椿直之のブログ https://cycle-keymart.com/

椿 直之

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。