自転車屋さんからの警告!パンクしにくいタイヤもパンクします!

こんにちは、自転車整備士の椿直之です。

今回は、お客様からよくご質問される内容を取り上げてみます。

「パンクに強い自転車を買ったのに、もうパンクした!」という声をよく耳にします。

そういう人は、その自転車の性能をじゅうぶんに活かしきれていない可能性があります。

パンクに強いタイヤには、2つの種類があります。

物理的にタイヤ自体が厚いものと、素材が耐摩耗性のものを使用しているものです。

それぞれのタイヤには、「パンクに強い」といっても、強いパンクと弱いパンクがあります。

物理的に厚いものは、接地面の部分が通常のものより厚いため、走行中その厚さ以下のサイズの針などが刺さっても、中のチューブまで到達しなければパンクはしません。

ただしその厚みゆえ、自重が重くなり、摩擦抵抗が増えるため、摩耗が激しくなります。

耐摩耗性のあるタイヤは、素材自体が良いもので、擦り減るまでの時間が長くなります。

摩耗してタイヤが薄くならなければ、中のチューブが露出してあいてしまうパンクは防げます。

ただし厚さは通常のタイヤと同じなので、針が刺されば穴が空いてしまいます。

このように、それぞれ「このパンクには強いけど、このパンクには弱い」といった特徴があるのです。

その上、ノーパンクタイヤと違ってタイヤに空気を入れるのは通常の自転車と同様です。

これを勘違いしている人が多く、「空気を入れなくてもいいと思った」という声もよく聞きます。

ここが落とし穴で、パンクに強いタイヤを持つ自転車は通常より良い部品を使っているので車体自体も重いです。

タイヤに空気を入れないと、この重さが仇となり、タイヤを激しく潰した状態で走行し、中のチューブを傷めてしまうことになります。

そのため、場合によっては普通の自転車よりも早く劣化し、早くパンクしてしまうのです。

このような人があまりにも多いため、メーカー側も使う人がわかりやすいように、「しっかり空気を入れてね!」と説明書の注意書きを別紙で用意しています。

その上車体に直接シールで注意喚起しているものさえ見受けられます。

以前からしっかり取扱説明書には書かれているのですが、どうも読まない人が多いようで、こういう有様になってしまっています。

この記事を読んだ皆さんは、自分の自転車の特徴をよく理解し、理不尽に自転車を傷めつけるようなことが無いようにしていきましょう。

Facabookアカウント https://www.facebook.com/cycleshop.keymart

自転車整備士勉強会コミュニティ https://www.facebook.com/groups/2718879658440393

キーマート・椿直之のホームページ https://cycle-keymart.com/

シティサイクルメカニック初級・商品知識 https://saipon.jp/h/yum271/1

椿 直之

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。