やりすぎだが効果的!?山形県警の盗難対策!

こんにちは、自転車整備士の椿直之です。

今回はニュースで見た自転車に関する記事をご紹介します。

山形県警が、駅の駐輪場などで盗難被害防止の啓発活動として、「カギのかかっていない自転車に、カギをかけて回る」という取り組みです。

自転車の盗難の原因でもっとも多くの割合を占めているのが「カギのかけ忘れ」によるものだといいます。

ただこの山形県警の防犯の取り組みですが、賛否両論あるようです。

「盗難対策としてこれ以上ない」

「カギのかけ忘れはたまにあるからありがたい」

「盗まれるのは嫌だがやりすぎでは?」

「急いでいるときにかけられていて、電車やバスに乗り遅れたら責任取ってくれるのか」

「私人でやったら違法では?」

と様々です。

手順としては、警察官が巡回し、カギをかけ忘れている車体を見つけたらワイヤーロックにてカギをかけ、警察の連絡先を書いた札を貼っておく。

それを見た利用者が電話をし、車体の持ち主であることを確認したうえで解錠する、という流れです。

自分の自転車を取り戻すのにかなりの時間を要しますが、世の中の犯罪を減らすために警察も必要な仕事をしているのです。

その本人確認をする際に、車体につけられた防犯登録番号にもとづいて確認作業をするはずなので、登録をしていない車体ではさらに時間がかかってしまいます。

よく自転車で走行中に職質される、という人がいますが、

そもそも、もともとカギのついていない自転車は犯罪に利用される恐れがあるので、それを未然に防ぐために職質をしています。

一般人からしたらやりすぎ感を感じるとは思いますが、盗難車が増えること=ほかの犯罪も増える事につながるので、盗難を助長するような管理不足の車体は皆に迷惑をかけることになります。

これを機に、カギをかけるのは自分のためだけではない、という認識をもってほしいと思います。

大分県では同じような取り組みをしていて、かけたワイヤーロックはそのまま利用者に提供する、という「思いやりロック」というものになっています。

自転車の盗難とは、そこまでのコストをかけてでも防ぎたいものだということも、あわせて認識しておくべきでしょう。

Facabookアカウント https://www.facebook.com/cycleshop.keymart

自転車整備士勉強会コミュニティ https://www.facebook.com/groups/2718879658440393

キーマート・椿直之のブログ https://cycle-keymart.com/

椿 直之

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。